検索

半角スペース区切りで複数語検索が可能です

検索キーワード

全てを表示

全2338件中 151〜200件を表示

現在ログインしていません

 

最近の自転車及び車いす技術文献

通番 2188 入力番号 J00883
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.182 2002-3 P6-7 発行年月日 20020325
概要 本文献は、科学技術振興事業団科学技術情報本部発行の科学技術文献より転載許可を得て掲載する物で、文献複写等のサービスについては、電話0120-004-381の情報資料館複写センターにお問い合わせ下さい。なお、当技術研究所においても同センターへの取り次ぎもいたします。 入力日 20020318
キーワード 科学技術文献/JICST/自転車/車いす 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00883.pdf
 

「自転車・福祉機器懇談会」入会案内と「メールサービス」登録について

通番 2187 入力番号 J00882
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.182 2002-3 P-5 発行年月日 20020325
概要 自転車業界はじめ福祉機器業界や関連する技術者との交流の場として技術研究所が中心となって、「自転車・福祉機器懇談会」を設け、会員相互の技術交流、情報交換等によって企業の発展に役立てるための諸活動を行っております。この機会に是非ご入会下さい。また、インターネットによりデータベース等の情報提供を行っておりますが、不定期にメールにより情報提供を行うための、「メールサービス」のメール登録を受け付けておりますので、すでに登録されている方以外でご希望の方は、別紙申込用紙でお申し込み下さい。 入力日 20020318
キーワード 自福懇/メールサービス/入会案内/技術研究所 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00882.pdf
 

車いす制動性能試験装置の開発

通番 2186 入力番号 J00881
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.182 2002-3 P-4 発行年月日 20020325
概要 手動及び電動車いすの評価・試験設備整備事業の一環として光ファイバージャイロとレーザ距離計とをアッセンブルし、システム化した車いすの制動距離及び左右方向への偏位量測定装置を開発したので報告します。 入力日 20020318
キーワード 車いす/制動性能/偏位量/測定装置 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00881.pdf
 

自転車試買テストの結果から

通番 2185 入力番号 J00880
副題 PSC制定に向けての技術的課題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.182 2002-3 P2-3 発行年月日 20020325
概要 自転車事故の未然防止、消費者保護の観点から製品事故の蓋然性に関する客観的な判断資料を得るために、40台の完成車に対して試買テストを実施した。その調査結果よりPSC制定に向けての技術的課題を報告します。 入力日 20020318
キーワード 自転車/試買テスト/PSC/製品事故/安全性の向上 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00880.pdf
 

フレーム耐久試験機を稼働

通番 2184 入力番号 J00879
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.182 2002-3 P-1 発行年月日 20020325
概要 技術研究所では、DIN規格適合のための動的試験用として、「フレーム耐久試験機」を製作しました。(社)自転車協会の自転車安全基準には、フレームの強度試験方法としてDIN規格が盛り込まれており、今後、この試験機がプロトモデルとなることが望まれます。なお、自転車安全基準はPL法制定を機に(社)自転車協会が業界規格として制定し、今回消安法のPSCマーク制定に向けて5年ぶりに見直されたものです。 入力日 20020318
キーワード 技術研究所/PSC/フレーム耐久試験機/DIN規格 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00879.pdf
 

技研の動き

通番 2183 入力番号 J00878
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-8 発行年月日 20020110
概要 ◎平成13年度「ブロック別組立整備技術指導者研修会」を開催。自転車事故防止、再発防止等の安全確保の面より、また、消費者と販売店の信頼関係構築を図ることを目的に研修会を開催した。◎技術資料頒布のご案内。研究所が作成した各種の技術資料について、頒布のご案内をいたしますので、この機会に是非ともご利用下さるようご案内いたします。 入力日 20020120
キーワード 研修会/試買テスト/組立整備士/技術資料/頒布 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00878.pdf
 

国際福祉機器展より-トランスポートビークル市販化へ向けて

通番 2182 入力番号 J00877
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-7 発行年月日 20020110
概要 国内最大規模の第28回国際福祉機器展が、平成13年10月24日(水)~26日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催された。例年以上の人出となり、134018人(昨年比+2280人)の来場者があった。展示会場も従来の4ホールから6ホールへと増床された。出展社数は、国内552社(新規140社)海外82社(新規14社)12カ国1地域であった。今年は、自振協単独のブースを持っての出展は行なかったが、トランスポートビークルの市販化モデルを車いすメーカのブースにおいて展示発表した。 入力日 20020120
キーワード 車いす/福祉/展示会/トランスポートビークル 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00877.pdf
 

小径車輪対応テンションメータの試作

通番 2181 入力番号 J00876
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-6 発行年月日 20020110
概要 現在、市販されているスポークテンションメータでは、スポークの測長間隔が80㎜必要なため、、車輪の呼び16以下のスポーク張力は測定することが出来ず、廉価車の技術水準を確認するために行われてきた試買テストでも小径車輪のスポーク張力は測定不能とされた。しかし、消費者の安全を確保するためにも、小径車輪の張力を確認することは、重要であると考え、小径車輪にも対応可能なテンションメータを試作しました。 入力日 20020120
キーワード 自転車/スポーク/張力/検査機器/PSC/試買テスト 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00876.pdf
 

インターバイク展2001年をアテンドして

通番 2180 入力番号 J00875
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-4~5 発行年月日 20020110
概要 平成13年9月30日から10月3日まで4日間にわたり米国ネバダ州ラスベガス市で開催されたインターバイク2001自振協ブースのアテンド概況を報告します。・名称 International Bicycle Expo 2001 ・会期 2001年9月30日~10月3日(4日間)・会場 米国、ネバダ州、ラスベガス市、サンズエキスポ・アンド・コンベンションセンター ・出展社数 約950社  入力日 20020120
キーワード 自転車/展示会/海外情報/米国/インターバイク 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00875.pdf
 

フレーム耐久試験機の製作

通番 2179 入力番号 J00874
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-3 発行年月日 20020110
概要 近年、海外からの廉価輸入自転車の増加に伴い、製品の欠陥に起因した、事故が増加している。このため、技術研究所では、試買テストなどによって、自転車の安全性を確認している。JIS規格による、フレームの強度試験は、フレームにおもりを取り付けて、上下に振動させる方式であるが、ISOからは規定の荷重を繰り返し加える方式の規格が提案されている。そこで、新規にISO規格に対応したフレーム耐久試験機を製作し、自転車の安全性確保やPSC(特定製品)制度への対応検査設備として活用する予定である。 入力日 20020120
キーワード 自転車/フレーム/試験設備/耐久試験/JIS/ISO 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00874.pdf
 

平成13年度「研究発表講演会」

通番 2178 入力番号 J00873
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-2 発行年月日 20020110
概要 技術研究所では業界技術者を主たる対象に、研究成果、各種試験の基礎データ等最新の技術情報の提供を行うため、平成13年度「研究発表講演会」を開催しました。(大阪会場)平成13年11月13日(火)財団法人南大阪地域地場振興センター(じばしん大阪)(東京会場)平成13年11月15日(木)日本自転車会館3号館1階イベントホール 入力日 20020120
キーワード 技術研究所/研究発表/講演会/研究成果 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00873.pdf
 

(2002年)新年あけましておめでとうございます。

通番 2177 入力番号 J00872
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.181 2002-1 P-1 発行年月日 20020110
概要 新年あけましておめでとうございます。技術研究所は、自転車の町堺へ移転し、初めての新しい年を迎えました。本年も業界の発展と、自転車化社会推進に向けて、微力ながら努力いたしますので、変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします 入力日 20020120
キーワード 新年/挨拶/技術研究所 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00872.pdf
 

最近の技研の動き

通番 2176 入力番号 J00871
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.180 2001-10 P-8 発行年月日 20011031
概要 ①平成13年度研究発表講演会開催のお知らせ②技術研究所の受託業務手数料の改訂について 入力日 20011031
キーワード 技術研究所/技研お動き/研究発表講演会/各種試験/受託業務/受託手数料 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00871.pdf
 

最近の自転車及び車いす技術文献

通番 2175 入力番号 J00870
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.180 2001-10 P-6~7 発行年月日 20011031
概要 本文献は、科学技術振興事業団科学技術情報本部で発行する科学技術文献より転載許可を得て掲載するもので、文献複写サービスについては、電話0120-004381の情報資料館複写センターにお問い合わせ下さい。 入力日 20011031
キーワード JICST/科学技術文献/自転車/車いす 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00870.pdf
 

トランスポートビークルの開発普及

通番 2174 入力番号 J00869
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.180 2001-10 P-4~5 発行年月日 20011031
概要 平成8年度より身体障害児用乗り物として研究開発したトランスポートビークルは車いすユーザ障害児・者を持つ父母の介助作業を日常的に行っている福祉の関係者の方々からハンディキャップを持つ人々の移動手段として早期の市販化が望まれていた。平成12年度はこれまでに開発したトランスポートビークルに改良を加え、市販化タイプとして開発普及、促進を図った。 入力日 20011031
キーワード 車いす/トランスポートビークル/開発/普及/障害者 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00869.pdf
 

回転駆動時に構成部品に掛かる応力測定

通番 2173 入力番号 J00868
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.179 2001-10 P-2~3 発行年月日 20011031
概要 競輪競走に使用される車輪は、認定部品で構成されていなければならない〈競走車安全基準〉がある。しかしその基準の中でも何種類の異なった車輪が存在する。そこで、何種類かの車輪を対象に縦、横方向の静荷重試験と同時に小ギヤ部に回転方向の駆動力が加わった場合に発生する小ギヤ側スポークとハブ胴の応力変化を測定しました。 入力日 20011031
キーワード 車輪/応力測定/競走車/認定部品/小ギヤ/スポーク 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00868.pdf
 

「トランスポートビークル」実用化モデル

通番 2172 入力番号 J00867
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.180 2001-10 P-1 発行年月日 20011031
概要 技術研究所が開発した「トランスポートビークル」は、自転車の前輪部に市販の車いすを取り付けて、車いすに乗る障害児・者、高齢者に自転車の楽しみを感じて戴くとの趣旨により開発された物で、(財)都市緑化機構が募集した「ユニバーサル施設・用具開発調査業務」の品目に選定され、平成11・12年度において18箇所の公共公園施設に計28台が配備され、現在市販化に向けて製造業者との調整を進めている。 入力日 20011031
キーワード 技術研究所/車いす/トランスポートビークル/障害者 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00867.pdf
 

技研の動き

通番 2171 入力番号 J00866
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.179 2001-7 P-8 発行年月日 20010730
概要 ①技術研究所の大阪府堺市への移転②自転車・福祉機器懇談会による技術研究所の設備見学会の開催③自転車技術情報休刊のお知らせ 入力日 20011017
キーワード 技術研究所/移転/自転車/車いす/技術情報/懇談会 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00866.pdf
 

ダイナモ特性試験機

通番 2170 入力番号 J00865
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.179 2001-7 P-7 発行年月日 20010730
概要 我が国での、夜間走行時の発電ランプ点灯率は低いが、国際規格では、ダイナモを点灯させてペダルを漕いでもダイナモが軽く回転して道路を明るく照らすことが出来るように良い製品を消費者に普及させる事が出来るようにダイナモの効率を規定することが提案された。日本国内においては、効率を測定する試験装置がないため、ドイツの公的機関にダイナモを送って発電効率を測定するとともに、当技術研究所においてもダイナモの発電効率を測定する試験機を製作した。 入力日 20011016
キーワード ダイナモ/発電効率/ISO/特性試験/設備/試験機 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00865.pdf
 

車いす関連試験装置の設備紹介

通番 2169 入力番号 J00864
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.179 2001-7 P5~6 発行年月日 20010730
概要 技術研究所の手動及び電動車いすのJIS、手動車いす及び歩行者のSGに関する評価試験等設備について紹介します。①走行耐久試験機 ②落下耐久試験機 ③可搬型疲労耐久試験機 ④直進走行性能試験機 ⑤衝撃耐久性試験機 ⑥荷重負荷試験機 ⑦静的安定試験機 ⑧回転性能試験機 ⑨傾斜走行試験機 ⑩床移動式リフト耐久試験機 ⑪振動試験機 ⑫ISOダミー ⑬耐水性能試験室 入力日 20011016
キーワード 車いす/移転/試験設備/評価試験 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00864.pdf
 

自転車関連試験装置の設備紹介

通番 2168 入力番号 J00863
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.180 2001-7 P3~4 発行年月日 20010730
概要 技術研究所では、自転車の試験研究が出来るように各種試験機を設置してきたが、今回大阪に移管した主な試験設備を紹介します。①フレーム試験機、②フレーム疲れ試験機 ③フレーム衝突試験機 ④車輪台上走行試験機⑤車輪側方荷重試験機⑥ハブ回転摩耗試験機⑦落下衝撃試験機⑧ダイナモ特性試験機⑨電子油圧式疲労試験機 ⑩動電型加振機⑪エルゴメータ稼働温度測定器 入力日 20011016
キーワード 技術研究所/移管/自転車/試験設備 画像枚数 2
PDF頁数 2 file J00863.pdf
 

技術研究所の建物及び設備の配置

通番 2167 入力番号 J00862
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.179 2001-7 P-2 発行年月日 20010730
概要 技術研究所は、平成13年4月愛知県犬山市より大阪府堺市へ移転を行ったので、その建物及び設備配置を紹介します。敷地面積1,917.88㎡ 建物総床面積 1,551.09㎡、本館3階建 床面積438㎡、電子顕微鏡室、、材料試験室、資料室、研究員居室、競輪学校用コンピユター室及びデータベース室第一実験棟及び第二実験棟 入力日 20011016
キーワード 技術研究所/移転/建物/設備/配置 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00862.pdf
 

技術研究所の移転完了

通番 2166 入力番号 J00861
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.179 2001-7 P-1 発行年月日 20010730
概要 技術研究所は移転を完了し、次の通り業務を開始いたしました。今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。◎業務内容①自転車等安全対策推進事業②競技用自転車関連機器等開発研究事業③自転車関連情報基盤整備事業④受託事業 入力日 20011016
キーワード 技術研究所/移転/案内 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00861.pdf
 

最近の技研の動き

通番 2165 入力番号 J00860
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.178 2001-3 P6 発行年月日 20010330
概要 ○オーダーメード研修会の開催 競輪競技の登録自転車業者を対象に平成12年11月27日(大阪)29日(東京)の2会場で実施した。○移動機器等福祉機器の海外調査 科学研究費補助金により車いすを中心とした移動機器等の調査研究を実施した。○技術研究所の資料譲渡について 移転に伴い「展示自転車」「展示車いす」「技術図書資料」の譲渡を企業、機関を対象に行う。 入力日 20010712
キーワード 自転車/車いす/技術研究所/競輪/研修会/調査 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00860.pdf
 

中京地区での技術研究所46年

通番 2164 入力番号 J00859
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.178 2001-3 P5 発行年月日 20010330
概要 当研究所は、昭和29年に愛知県名古屋市で前身である自転車生産技術会報研究室として、開設、昭和39年より財団法人自転車産業振興協会の運営となり、犬山市において、46年間事業を進めてきたが、平成13年4月より諸般の事情により、自転車企業の集中する、大阪府堺市に研究所を移転することとなった。 入力日 20010711
キーワード 技術研究所/移転/研究機関 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00859.pdf
 

自転車の規格と「規格集」の発行

通番 2163 入力番号 J00858
副題 報告者 (財)自転車産業振興協会 生産技術部
所属 (財)自転車産業振興協会 生産技術部 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.178 2001-3 P-4 発行年月日 20010330
概要 今回発刊した「JIS自転車、車いす編2000」には現時点での最新自転車関連規格45規格を収録したほか(社)日本自転車協会の団体規格として、制定されている、自転車安全基準、電動自転車安全基準、マウンテンバイク安全基準、マウンテンバイク類型車安全基準、クロスバイク・ハイブリット車安全基準、一輪車安全基準及び自転車関係交通法令集を抜粋のうえ収録した。また英語版を別冊として、JIS自転車関連44規格を収録した。 入力日 20010711
キーワード 自転車/JIS/規格/電動アシスト/マウンテンバイク 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00858.pdf
 

「歩行車」のSG認定の委託検査を開始

通番 2162 入力番号 J00857
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.178 2001-3 P3 発行年月日 20010330
概要 高齢者等の介護は、家族介護の頼っていたが平成12年の介護保険制度導入に伴い社会の受け入れが始まった。これに伴い様々な介護製品に対する開発、製造が予想され、今回、歩行車に対する安全基準が制定、施工された。これら歩行者車等の介護製品は、健常者が利用するもの以上に安全性が求められる。このような状況のもと技術研究所では歩行車に関する委託検査業務を実施する事となった。 入力日  
キーワード 車いす/高齢化社会/介護保険/福祉機器/SGマーク/受託業務 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00857.pdf
 

サスペンションホークの繰り返しトルク試験

通番 2161 入力番号 J00856
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 NO.178 2001-3 P2 発行年月日 20010330
概要 サスペンションホークのISO試験は静荷重試験、衝撃試験、疲れ試験、静的引張り試験、圧縮試験があり、更にディスクブレーキの台座を備えたものは静トルク試験、繰返しトルク試験を行うことが提案されている。試験したサスペンションホークはISO規格案を満たさなかったが、現状、ホーク中間から先端部分で破損したとのクレームは無いことから、日本側から試験条件を変更するように提案したが、状況としては、ISO規格案で対応せざるを得ない状況にある。 入力日 20010711
キーワード 自転車/整合性/ISO/JIS/サスペンションホーク 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00856.pdf
 

技術研究所の移転について

通番 2160 入力番号 J00855
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.178 2001-3 P1 発行年月日 20010320
概要 技術研究所は愛知県犬山市の事業所を平成13年3月末をもって閉鎖し、4月より大阪府堺市に移転の上、開設いたします。 入力日 20010711
キーワード 技術研究所/移転/案内 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00855.pdf
 

最近の技研の動き

通番 2159 入力番号 J00854
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P6 発行年月日 20001225
概要 研究発表講演会を大阪、東京両会場で各々10月17日、10月19日に実施。特別講演として「工学的見地から見たアメリカ自転車事情」ほか、当研究所の研究成果の発表が行われた。9月12日~14日に東京ビッグサイトで開催された第27回国際福祉機器展に出展、トランスポートビークルの展示を行ったほか、各種事業成果の発表を実施。「受託業務」の一時中止について、平成13年1月1日から3月31日まで、当研究所の大阪堺への移転に伴い「受託業務」の受付を一時中止する。 入力日 20001218
キーワード 自転車/車いす/研究成果/研究所移転/受託業務受付一時中止 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00854.pdf
 

技術研修会を開催

通番 2158 入力番号 J00853
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P5 発行年月日 20001225
概要 平成12年9月27日、28日の両日、当研究所において「高齢化社会における自転車開発のために」と題し自転車の技術研修会を開催した。第一日目は「人間工学的実験で使う機材、用語、その使用法、及び高齢者の健康維持のための運動処方」について講義及び実習を行った。第二日目は、まず、「技術研究所における自転車開発及び開発自転車の試乗」のテーマで高齢者向き自転車と障害者用スポーツ機器の紹介及び試乗を行った。次いで、「自転車および高齢者交通事故の分析」について講義および実習を行った。 入力日 20001218
キーワード 自転車/高齢化社会/開発/交通事故/衝突実験 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00853.pdf
 

「トランスポートビークル」のモニター使用始まる

通番 2157 入力番号 J00852
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P4 発行年月日 20001225
概要 技術研究所では数年前から「トランスポートビークル」と称する車いすと自転車を合体させた形の乗り物を開発してきた。この度(財)都市緑化技術開発機構の「ユニバーサル施設・用具開発調査業務」に応募し採用され、全国各地の都市公園等で、高齢者や障害者の方々が健常者とともに楽しむための用具として試用されることになった。北海道から兵庫県までの全国6箇所の公園に合計14台が供与され、東京都立川市の昭和記念公園では試乗会も開催された。今後この試用結果を反映し、更に品質等を高めてゆきたい。 入力日 20001218
キーワード 車いす/ユニバーサルデザイン/自転車/介護/サイクリング 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00852.pdf
 

当研究所のデータベース一般無料開放化

通番 2156 入力番号 J00851
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P3 発行年月日 20001225
概要 当研究所のHP(http://www.jbtc.or.jp)では従来よりデータベースを構築してきたが、この程情報提供政策を見直し、これまでの会員制を廃止したうえで、当研究所で集積した情報を広く一般に開放することとした。当研究所のデータベースは、研究所報告書、関連文献、海外情報、工業所有権情報、図書情報、から成っているが、これらが原則すべて一般開放された。当研究所の報告書は勿論のこと、自転車・車いす関連の工業所有権情報も含まれており、是非多くの方々に利用していただきたい。 入力日 20001218
キーワード 自転車/車いす/データベース/検索/情報 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00851.pdf
 

自転車産業活性化対策と技術的側面について

通番 2155 入力番号 J00850
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P2 発行年月日 20001225
概要 自転車産業活性化対策研究会は、今後の我が国における自転車産業の競争力強化と、時代環境の変化に対応すべく、活性化対策について提言をまとめた。それによると、安全で安心な自転車をキーワードとしてとらえ、安価粗悪品の撲滅、消安法に基づく安全マーク指定などが喫緊の課題であるとされた。技術基準のポイントとしては、SG基準を基礎とした重要部品項目の追加、対象車種、組み立て整備士の位置付け、未組み立ての位置付け等につき審議された。自転車の特定製品指定に向け技術研究所も取り組みを強化する。 入力日 20001218
キーワード 自転車/消安法/安全マーク/事故/PL法 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00850.pdf
 

(2001年)謹賀新年

通番 2154 入力番号 J00849
副題 報告者  
所属   出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.177 2000-12 P1 発行年月日 20001225
概要 謹賀新年、21世紀を迎え、皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします。技術研究所も新たな役割を果たすべく邁進いたします。 入力日 20001218
キーワード 自転車/新世紀/技術研究所 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00849.pdf
 

最近の技研の動き

通番 2153 入力番号 J00848
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.176 2000-9 P6 発行年月日 20000925
概要 研究発表講演会開催のお知らせ:平成12年10月17日 大阪、平成12年10月19日 東京、 自転車関連データベースのオープン化:平成12年10月より、従来の会員制を廃止し、データベースを広く一般開放し誰でも利用できるようにした。自転車・福祉機器懇談会「見学講演会」報告:去る6月27日に愛知県工業技術センターで実施された「見学講演会」の実施報告。 入力日 20001013
キーワード 自転車/車いす/車イス/車椅子 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00848.pdf
 

ISO9000s/14000s認証取得企業紹介:第3回

通番 2152 入力番号 J00847
副題 取得企業名 日進医療器株式会社 報告者 日進医療器株式会社
所属 日進医療器株式会社 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.176 2000-9 P5 発行年月日 20000925
概要 日進医療器株式会社が福祉業界としてはじめてISO9001の審査登録を取得した。登録番号:JSAQ608 登録日:1999年10月18日 適用規格:ISO9001;1994 JISZ9901;1998 対象範囲:車いす、歩行車、車いす用リフト及びこれら付属品の設計、開発、製造及び付帯サービス。 認証取得の経緯:高齢化・福祉社会に向け新規参入等が相次ぐことが予想される為「より良い製品づくり」のため品質管理・社内体制確立の為取得を目指した。 入力日 20001013
キーワード 車いす/車イス/車椅子/ISO取得/企業紹介 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00847.pdf
 

車いすISOの規格動向

通番 2151 入力番号 J00846
副題 報告者 開発事業部 佐藤正之
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.176 2000-9 P4 発行年月日 20000925
概要 平成12年5月7日から13日までスウェーデンのストックホルムで車いすISO/TC173/SC1会議及びワーキンググループ会議が開催された。日本の対応として電動車いすの電磁両立性に関する取組みが進んだ為関連する資料提供を実施した。またSC1では原案作成作業に電子通信手段の採用が検討されたほか、各ワーキンググループからの作業進捗状況が報告された。更にWG1はISO6440、テストダミー、Roboticdevice、動的安定性等につき検討を行なった。 入力日 20001013
キーワード 車いす/車イス/車椅子/国際規格/ISO 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00846.pdf
 

自転車ISO会議での規格動向

通番 2150 入力番号 J00845
副題 報告者 考査室 河治宏泰
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.176 2000-9 P3 発行年月日 20000925
概要 平成12年6月26、27日にスウェーデンのマルメ市でWG4会議が開催され、リムの摩耗インジケータ、制動試験、及びサスペンションホークの静的引張試験の3項目について審議された。アルミリムはブレーキのゴムブロックにより摩耗するが、リムの寿命を示す為のインジケータが考案された。また制動試験については乾燥路面の制動試験につき当所の希望を伝達、規定を保留させた。更に、サスペンションホークの内外パイプを相互に引き出す静的引張試験が今会議より追加された。 入力日 20001013
キーワード 自転車/国際規格/整合性/ISO/JIS 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00845.pdf
 

ハースキャンペーンがめざす技術

通番 2149 入力番号 J00844
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.176 2000-9 P2 発行年月日 20000925
概要 自転車業界初の統一ブランド「ハース」が登場してから2年が経過し、環境適合性の高い自転車というコンセプトをより高める為に、従来の「統一ブランド」から優良自転車への「品質基準適合マーク」へと発展させた。その基準ガイドラインは「錆に強いステンレスやアルミ合金部品あるいは防錆力のある表面処理をした部品や、焼却時にダイオキシンの発生がほとんどない樹脂部品を採用した自転車」。自転車の商品価値が高まり粗悪自転車の排除に役立ち、ひいては自転車が地球環境に一層貢献することが期待されている。 入力日 20001013
キーワード 自転車/地球環境/錆/ダイオキシン/環境に優しい 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00844.pdf
 

KEIRINが初めて正式種目として採用され、競輪選手がオリンピックで活躍

通番 2148 入力番号 J00843
副題 報告者  
所属    出典 技術情報速報 
号・年月・頁 No.176 2000-9 P1 発行年月日 20000925
概要 2000年シドニー五輪よりKEIRINが正式種目として採用され、競輪選手がオリンピックで活躍。 入力日 20001013
キーワード 自転車/競輪/KEIRIN/ケイリン/オリンピック/トラックレース 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00843.pdf
 

最近の技研の動き技研の動き

通番 2147 入力番号 J00842
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P6 発行年月日 20000630
概要 4月1日付けの組織の変更、平成12年度の技術研究所の広報関係事業の年間スケジュール、電話番号の変更について紹介。 入力日 20000714
キーワード 自転車/車いす/車イス/車椅子 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00842.pdf
 

平成12年度技術研究所の事業概要新年度事業

通番 2146 入力番号 J00841
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P5 発行年月日 20000630
概要 平成12年度の技術研究所の事業概要を説明。まず自転車等安全性の向上として、自転車及び車いすの国際規格整合化を促進する。次に自転車競技用訓練機器等の開発として、競技者用訓練機器・競技用機材の開発・競技用自転車部品の調査・競輪用自転車部品製造支援の各事業を実施する。更に車いす等製品評価・技術開発として、新型車いす実用化普及促進・車いす等評価機能の推進の両事業を実施する。最後に自転車情報広報として、自転車関連情報の整備及び提供を行なう。 入力日 20000714
キーワード 自転車/車いす/車イス/車椅子 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00841.pdf
 

車いす技術研修会開催技術研修会

通番 2145 入力番号 J00840
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P4 PH2 発行年月日 20000630
概要 平成12年2月15日から17日まで当技術研究所において車いす技術研修会を開催した。今回は「車いすの特性評価」と題し、車いすクッション、車輪に関する講義及び実習を行なった。初日の講義は自転車・車いす業界以外からの参加もあり関心の高さが裏付けられた。2日目からは実習に移り、「シートクッションの物理特性」、「車いす用車輪の物理特性試験」、「キャスタの物理特性試験」の3つのテーマに取組んだ。参加者からは今後の作業の中で有効に活用できると好評であった。 入力日 20000714
キーワード 車いす/車イス/車椅子/技術講習/介護保険 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00840.pdf
 

シート水平機構をもつ介助型車いすの開発(第2報)

通番 2144 入力番号 J00839
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P3 PH3 発行年月日 20000630
概要 昨年度試作したシート水平機構をもつ2種類の介助型車いすのうち、振り子タイプについて介助者の操作性、車いす乗車時の安全性対策の向上を施し、新たに提案した。斜面上で車いすを操作する場合、介助者のグリップ位置は斜面の傾斜角度により上下し不安定であるため、介助者のグリップ位置が任意に決められるようにしたほか、フレーム形状を一部改良した。これらにより、力の弱い介助者でも体の一部をグリップ上部に押し当てることにより、登坂走行が可能となった。 入力日 20000714
キーワード 車いす/車イス/車椅子/降坂/操作性/安定性 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00839.pdf
 

サドル昇降式自転車の試作高齢者自転車

通番 2143 入力番号 J00838
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P2 PH3 発行年月日 20000630
概要 前年度試作車のうち評価の高かった、走行中にサドル高さを上下できる自転車を異なった方式で2種類試作した。昇降装置の駆動用バッテリーは電動アシスト自転車のバッテリーと兼用とし、また市販車に後付けできる装置とした。一つはボールねじ式でボールねじのナット部分を回転させる方式、もう一つはパンタグラフ式でサドル下のパンタグラフを上下させるもの。これらに加え電動機の力を用いず、ばねの力を利用するスプリング式も試作した。 入力日 20000714
キーワード 自転車/高齢者/サドル高/足付き性/ふらつき 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00838.pdf
 

「技研ニュース」から「技術情報速報」へ

通番 2142 入力番号 J00837
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技術情報速報
号・年月・頁 No.175 2000-6 P1 PH1 発行年月日 20000630
概要 従来、技研ニュースは技術研究所の研究成果を中心に各種の技術情報を提供してまいりましたが、今回内容を見直し、幅広く情報をタイムリーにお届するため、新たに「技術情報速報」として発行することになりました。今後も皆様方にご活用してただける「技術情報速報」づくりを目指しますので、よろしくお願いいたします。 入力日 20000714
キーワード 自転車/車いす/名称変更/研究発表/競輪/シドニー 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00837.pdf
 

最近の技研の動き

通番 2141 入力番号 J00836
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技研ニュース
号・年月・頁 No.174 2000-3 P6 発行年月日 20000310
概要 ○技術研修会を開催:平成12年2月15日~17日「車いすの特性評価」技術研修会を技術研究所にて開催した。実習を伴う研修会を特色として、定員15名のところ2倍近くの応募者があり定員増の21名で開催した。また講義のみコース(1日間)も設け合計40名の参加者があった。○委員会を開催します:技術研究所の事業運営についての業界および学識経験者による委員会を下記の日程で開催します。平成11年度に実施した事業内容、研究成果を報告し、各委員の審議をいただく予定である。○愛知県犬山市における自転車等行事の案内 入力日 20000327
キーワード 自転車/技術研究所/研修会/技術委員会/犬山市/行事/案内 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00836.pdf
 

研究室訪問「第12回」千葉工業大学工学部機械工学科機械工作法研究室 金沢憲一教授

通番 2140 入力番号 J00835
副題 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技研ニュース
号・年月・頁 N0.174 2000-3 P5 発行年月日 20000310
概要 ○はじめに 千葉工業大学は千葉県習志野市の複数の地区にキャンパスをもつ、約9000名の学生(学部・大学院)のいる日本最大の理工系単科大学です。今回はその中の私の研究室をご紹介します。○研究内容 素材の加工法に関する研究、すなわち鋳造、鍛造(塑性加工)、切削加工などの研究を行っています。とくに有限要素法によるコンピュータシミュレーションを、これら素材加工プロセスに応用するための技術を開発しています。例えば鋳造に関しては鋳造時の湯流れと凝固解析による鋳巣欠陥予測や湯回りの改善、鋳造条件の最適化を・・ 入力日 20000327
キーワード 自転車/研究機関/機械工学科/大学/工作法/理工系/単科大学/フレーム強度/マウンテンバイク/シティーサイクル 画像枚数 1
PDF頁数 1 file J00835.pdf
 

ISO9000s/14000s認証取得企業紹介:第2回

通番 2139 入力番号 J00834
副題 取得企業名 (株)キャットアイ 報告者 技術研究所
所属 技術研究所 出典 技研ニュース
号・年月・頁 No.174 2000-3 P4 発行年月日 20000310
概要 " 審査登録状況○取得ISO:DIN EN ISO9901: 1994 入力日 JIS Z 9901:1994○登録認証書番号 09100 89065○取得日:平成11年7月29日○適用範囲:本社及び桑津分工場、河南工場、吉井工場○対象範囲:健康機器、サイクロコンピューター及びランプの自転車用付属品と心拍計、脈拍計、高度計と自転車および道路用リフレクターの設計、製造、販売及び付帯サービス 認証取得の経緯、理由○昭和21年の創業以来、当社は、サイクルアクセサリー、健康機器、自動車・道路関連分野に、"
キーワード 20000327 画像枚数 自転車/ISO/企業/紹介/ISO取得
PDF頁数 1 file 1

TOP